スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

【2017年のきろく】 詩 修了式 3月25日

〈記録〉
講師:浅井治
場所:ココルーム
参加人数:8人

釜芸の詩の授業常連参加者が4名、初めての参加者が4名とちょうど半々の構成になった。本日は講師の上田さんがお休みであったので、常連参加者のあ~さ~氏が代行した。他の常連参加者も釜芸そのものの素晴らしさや、この詩の授業を通しての自己表現の可能性を新旧参加者へ自分の言葉で語る。実際の詩の制作は、新旧同士でペアを組みすすめた。講師の上田さんがおられなくても、参加者が自律的に授業をすすめる姿が印象的であった。釜芸は、教え教えられる関係ではなく、各々が創りだす場でもあった。後半は、釜芸2016年度の修了式を開催。修了書は既製品のものではなく、参加者制作による合作俳句とした。お題は「旅立ち」。オリジナルの修了書という斬新さも素晴らしかったが、皆でつくっているという一体感のある修了式であった。


〈感想〉

詩も俳句も初めてでしたが、そのままの気持ちや考えを表現するのは気持ち良いですね。

新しい詩の創作方法、楽しかった。初めての人とも親しくなり楽しかったです。短時間で人との距離がぐっと近くなる。不思議な空間・時間!自分の新たな発見、人を見る目が変わる。貴重な体験でした。

IMG_4117.jpg

IMG_4120.jpg

IMG_4119.jpg

IMG_4121.jpg

IMG_4122.jpg



2017年度釜ヶ崎芸術学校参加者数 1364人
開講講座数 74講座

スポンサーサイト

2017.07.10 | | コメント(0) | 2017年きろく

【2017年のきろく】 俳句部 3月22日

〈記録〉
講師:西川勝、高木智志
場所:ココルーム
参加人数:4人

今日は俳句をやっているというはじめての参加者がいて、めずらしく少人数。ゆっくり自己紹介して、合作俳句を2回。一回目のテーマは「(妄想の)本のタイトル」二回目は「色を想起するなにか」小1のこどもも参加。



〈俳句〉

●ありとハロー わた菓子落とす どこはこぶ 


●火のあした あさってしあさって 土になる 


●ともこちゃん なわとび30回 雲雀野へ 


●うたたねて ラララリラソラ 春の川 


●とんととん 葱をきざんで 朝飯だ 


●闇ダンス 都会の路地裏 足うらの 


●象の耳 星の光を 再利用 


●蝶々の 付いて回るや しっぽ春 


●チューリップ 飛行機の音 蜂を待つ 


●象の墓 耳をすませば 10人かぞく  


●花柄の うちゅうの森の 絵へと蝶


2017.07.10 | | コメント(0) | 2017年きろく

【2017年のきろく】 釜ヶ崎、映画・小説・漫画でめぐるまちあるき 3月19日

〈記録〉
講師:水野阿修羅
場所:集合・おはなし:ココルーム
参加人数:11人

釜ヶ崎を芸術や文学をもとに歩いてみる。

お天気もよく、前回のコースになかったところにもいく。

路地希望の声に、たくさんの路地にであった。

〈感想〉
いっぱい歩いた。お天気よくて、いろいろなおじさん、ねこ、お地蔵さん、ヤクザ、商店街のアーケード、ろじろじろじ、せまいろじ。大正時代の家、新しいぴかぴかのビル、崖と低地のはざまに立ってみあげる。また来たいです。いろいろ何かとであって、じっくり思い返す時間もとてもよかったです。

2017.07.10 | | コメント(0) | 2017年きろく

【2017年のきろく】 狂言 3月15日

〈記録〉
講師:茂山童司
場所:ココルーム
参加人数:22人

小学生、中学生、高校生釜芸生と、多様な室内。それぞれが持ち味を積極的に発揮し、集中力のある笑いとあたたかさに満ちた時間だった。休憩後はランダムにチームにわかれ、習った所作を総動員して物語をつくり発表した。個性があり笑いが絶えなかった。

〈感想〉
はじめて会った人でも共通の話題をもつよ仲良くできるな、と思いました。そして「笑う!」

楽しかったよ!若い人といっしょにね、なじんでよかったよ。(ただ)

おもしろかったです!はじめて狂言をさせていただきました、楽しかったです。

2017.07.10 | | コメント(0) | 2017年きろく

【2017年のきろく】 行動、場所づくりとつながりづくり〜ネットワークと場づくり、2020年に編み出したいことを考える 3月2日

〈記録〉
講師:マット・ピーコック(ストリートワイズ・オペラ主宰)
場所:ココルーム
参加人数:18人

ストリートワイズオペラ及びWith One Voiceの内容紹介。ホームレスの方々がアートと関わりアートを通して自己表現する中で、自分への誇り・沢山の人々から尊敬される機会を作り出すプロジェクトである。また、ロンドン・リオオリンピックに関連した文化的活動として成功を収め、このような活動を2020年東京オリンピックへ繋げるキックオフミーティングであった。質疑応答の発言の中で、様々な課題が浮かびあがった。・活動の経済的サポート・なんのための誰のためのアートか・ホームレスとは誰か、その定義を拡げよう・本当にホームレスの人たちに有効か・ホームレス等弱者への偏見が現実にある・活動を根付かせ後にも成果を残す必要がある・活動の成果を何をもって図るのか又成果に外への説得力を持たせる必要性・国の文化事業のタテ割体制の限界、等多様な意見が出た。

〈感想〉
とても刺激的な時間でした。イギリスではホームレス支援だけでなく社会課題解決に携わる社会活動家がたくさんいらっしゃると思います。日本と何が違うのか、考えていました。

アート・個人での活動、などが世界単位でみてどのようなものか考える機会になりました。

2017.07.10 | | コメント(0) | 2017年きろく

«  | ホーム |  »

プロフィール

kamagei

Author:kamagei
2012年スタート。NPO法人「こえとことばとこころの部屋(ココルーム)」が運営する。大阪市西成区の釜ヶ崎のさまざまな施設を会場とし、書道、芸術、表現、詩、天文学などの講義やワークショップを行う。ここでは教える側も教えられる側もお互いに学びあう喜びを知り、生きる力とすることに主眼がおかれている。日雇い労働者のまち(寄せ場)の歴史を持つ釜ヶ崎で学ぶことは、日本の近代化の裏で忘れられてきたことや、忘れさられた人生を生きてきた人に出会うことでもある。高齢化がすすむ地域に根ざしながら、すべての人々に門戸が開かれている。
展覧会:台湾「逆棲」( 2013年、2014年)、「ヨコハマトリエンナーレ2014」 、アーツ前橋「表現の森」(2016年)、静岡大阪信ことば館「釜芸がやって来た!」(2017年)。
成果発表会:「釜ヶ崎オ!ペラ」。イギリスのストリートワイズ・オペラ、インドネシアのアーティスト、タイのアーツマネージャーなどの協働も。
書籍:釜ヶ崎で表現の場をつくる喫茶店ココルーム(フィルムアート社)
2015年から大学院・美学学会、発足。「じぶんのことばで美を語る、釜ヶ崎から美を語る」をテーマに旅や研究会を行う。
2016年4月、ココルームは釜ヶ崎に「ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム」を開き、であいの場を紡いでいる。

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。