【2017年きろく】6月17日 服飾 

<記録>
講師:百々徹
参加者人数19名

今回は服飾「衣着ることは生きること」というテーマで16世紀頃のヨーロッパの衣服の変化から、トンデモ服古今東西と称して非常に面白い世界の民族衣装や現代のデザイナーファッションも紹介された。
その中で戦いから変化していったヨーロッパの衣装や19世紀になりドレスコードなど社会的ルールを定め、他者を排除する衣装、コンゴにおいて銃をもち争いするのではなくブランドものを身につけおしゃれをすることが争いをなくす大きな力となっているという様々は世界の文化も学んだ。
消費するだけのファッションではなく、まさに衣着ることは生きること、生き方や生き様を考えさせられる講座であった。
百々先生の興味を引き立てられる話に一同笑いの起きる場面もしばしばあった。
内容的に若い方の参加が非常に多かったが、おじさんたちの参加が少なく残念だった。

<参加者の方の感想>
衣着ることは生きること、このフレーズがなんだか染みました。
ファッションが戦わないための大きな力になったり、現代のファッション産業にあまりいい印象を持っていなかったのですが、ものの見方が狭かったなと反省させられました。
先生の話術も最高です。
すっかり引き込まれました。
ありがとうございました。

服飾を学んだものの、商業的な服づくりに興味が持てず、断念してしまった者として、今日のトークは自分が服に興味を持ったきっかけを呼び覚まされてドキドキしました。
なにか「生き様」となるようなものを自分でつくっていきたいと、エネルギーをもらいました。

<講義を終えた講師からのコメント>
今回のレクチャーは 僕にとっても自分の指針を再発見できた いい機会でした。
「衣着ることは生きること」とはここ数年 口に出してはいましたが それがどういうことなのか 昨日お話ししながら自分でも合点がいきました。

IMG_5591.jpg

スポンサーサイト

2017.06.21 | | コメント(0) | 2017年きろく

【2017年きろく】6月10日 まちあるき

<記録>
講師:水野阿修羅
参加者人数:17名

好天に恵まれ多数のご参加を頂いた今回の町あるきであった。
線路跡、旧街道など歴史的な場所と共に、映画や漫画の舞台そのものになった場所を巡り歩く。
阿修羅さんの説明が分かりやすく丁寧と好評を頂く。
気温も参加者のボルテージもどんどん上がる町歩きであった。
無事に終了後、ココルームにて参加者が今日心に浮かんだ言葉や思いを書にして頂いた。

<参加者の方からの感想>
参加して大満足です。
五つ星です。
説明がわかりやすく、お声もききやすいです。
町あるきの活動、今後も続けてください。

30年ぶりにゆっくりと釜の町を歩くことができました。
貴重な機会でした。
変化していることのほが気になったのは当然として。
何故この街に魅かれるのかいまだに分かりませんが、何故か好きな町です。
重ねて有難うございました。

18953271_1658856870821117_187643520811982497_o.jpg

18922210_1659122130794591_552200369060543500_n.jpg


2017.06.21 | | コメント(0) | 2017年きろく

【2017年きろく】6月1日 おかゆのしあわせ

<記録>
講師:宮浦宜子
会場:ココルーム

おかゆを参加者みんなでつくり、みんで食べる。
おかゆと共に幸せになれた講座でした。
おじさん達の口腔や体に優しい料理としておかゆを選び、講座は料理教室さながらに和やかにすすめられた。
今回は、昆布かゆ・蓮かゆ・鮎かゆとバリエーションも3種類。
特に蓮かゆはココルームの庭の蓮の葉を利用してつくり、鮎かゆと共にめったに味わえない食事を全員で楽しんだ。
また、単に味わうだけでなく、料理の実験性や旬の食べ物の効用性に触れる機会でもあった。

<感想>
今日は料理の知識が増えたので、今後活かしていきたいと思います。おかゆはシンプルながら、奥行きのある料理なんですね。

IMG_5512.jpg
18839870_1647049775335160_5735630762685176793_o.jpg
IMG_5511.jpg
IMG_5510.jpg
IMG_5509.jpg

2017.06.03 | | コメント(0) | 2017年きろく

«  | ホーム |  »

プロフィール

kamagei

Author:kamagei
2012年スタート。NPO法人「こえとことばとこころの部屋(ココルーム)」が運営する。大阪市西成区の釜ヶ崎のさまざまな施設を会場とし、書道、芸術、表現、詩、天文学などの講義やワークショップを行う。ここでは教える側も教えられる側もお互いに学びあう喜びを知り、生きる力とすることに主眼がおかれている。日雇い労働者のまち(寄せ場)の歴史を持つ釜ヶ崎で学ぶことは、日本の近代化の裏で忘れられてきたことや、忘れさられた人生を生きてきた人に出会うことでもある。高齢化がすすむ地域に根ざしながら、すべての人々に門戸が開かれている。
展覧会:台湾「逆棲」( 2013年、2014年)、「ヨコハマトリエンナーレ2014」 、アーツ前橋「表現の森」(2016年)、静岡大阪信ことば館「釜芸がやって来た!」(2017年)。
成果発表会:「釜ヶ崎オ!ペラ」。イギリスのストリートワイズ・オペラ、インドネシアのアーティスト、タイのアーツマネージャーなどの協働も。
書籍:釜ヶ崎で表現の場をつくる喫茶店ココルーム(フィルムアート社)
2015年から大学院・美学学会、発足。「じぶんのことばで美を語る、釜ヶ崎から美を語る」をテーマに旅や研究会を行う。
2016年4月、ココルームは釜ヶ崎に「ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム」を開き、であいの場を紡いでいる。

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる