スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

【2017年のきろく】 詩 修了式 3月25日

〈記録〉
講師:浅井治
場所:ココルーム
参加人数:8人

釜芸の詩の授業常連参加者が4名、初めての参加者が4名とちょうど半々の構成になった。本日は講師の上田さんがお休みであったので、常連参加者のあ~さ~氏が代行した。他の常連参加者も釜芸そのものの素晴らしさや、この詩の授業を通しての自己表現の可能性を新旧参加者へ自分の言葉で語る。実際の詩の制作は、新旧同士でペアを組みすすめた。講師の上田さんがおられなくても、参加者が自律的に授業をすすめる姿が印象的であった。釜芸は、教え教えられる関係ではなく、各々が創りだす場でもあった。後半は、釜芸2016年度の修了式を開催。修了書は既製品のものではなく、参加者制作による合作俳句とした。お題は「旅立ち」。オリジナルの修了書という斬新さも素晴らしかったが、皆でつくっているという一体感のある修了式であった。


〈感想〉

詩も俳句も初めてでしたが、そのままの気持ちや考えを表現するのは気持ち良いですね。

新しい詩の創作方法、楽しかった。初めての人とも親しくなり楽しかったです。短時間で人との距離がぐっと近くなる。不思議な空間・時間!自分の新たな発見、人を見る目が変わる。貴重な体験でした。

IMG_4117.jpg

IMG_4120.jpg

IMG_4119.jpg

IMG_4121.jpg

IMG_4122.jpg



2017年度釜ヶ崎芸術学校参加者数 1364人
開講講座数 74講座

スポンサーサイト

2017.07.10 | | コメント(0) | 2017年きろく

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kamagei

Author:kamagei
2012年スタート。NPO法人「こえとことばとこころの部屋(ココルーム)」が運営する。大阪市西成区の釜ヶ崎のさまざまな施設を会場とし、書道、芸術、表現、詩、天文学などの講義やワークショップを行う。ここでは教える側も教えられる側もお互いに学びあう喜びを知り、生きる力とすることに主眼がおかれている。日雇い労働者のまち(寄せ場)の歴史を持つ釜ヶ崎で学ぶことは、日本の近代化の裏で忘れられてきたことや、忘れさられた人生を生きてきた人に出会うことでもある。高齢化がすすむ地域に根ざしながら、すべての人々に門戸が開かれている。
展覧会:台湾「逆棲」( 2013年、2014年)、「ヨコハマトリエンナーレ2014」 、アーツ前橋「表現の森」(2016年)、静岡大阪信ことば館「釜芸がやって来た!」(2017年)。
成果発表会:「釜ヶ崎オ!ペラ」。イギリスのストリートワイズ・オペラ、インドネシアのアーティスト、タイのアーツマネージャーなどの協働も。
書籍:釜ヶ崎で表現の場をつくる喫茶店ココルーム(フィルムアート社)
2015年から大学院・美学学会、発足。「じぶんのことばで美を語る、釜ヶ崎から美を語る」をテーマに旅や研究会を行う。
2016年4月、ココルームは釜ヶ崎に「ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム」を開き、であいの場を紡いでいる。

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。